観光スポット

  • Ojin-tenno-ryo Kofun

    応神天皇陵古墳

    墳丘長425m、後円部直径250m、前方部幅330m、高さ36mの規模を誇る、国内最大級の前方後円墳。仁徳天皇陵古墳に次いで2番目に大きい。墳丘や堤には、推定2万本の円筒埴輪が並べられ、蓋(きぬがき)、盾、靭(ゆぎ)、家や水鳥の形をかたどった埴輪も出土している。

    詳細を見る

  • Konda-maruyama Kofun

    誉田丸山古墳

    応神陵域内陪塚

    詳細を見る

  • Futatsuzuka Kofun

    二ツ塚古墳

    応神天皇陵古墳の東側にあり、応神天皇陵古墳よりも先に造られた。

    詳細を見る

  • Higashiumazuka Kofun

    東馬塚古墳

    応神陵い号陪塚

    詳細を見る

  • Kurizuka Kofun

    栗塚古墳

    応神陵古墳の東側に近接して存在し、現在墳丘部分は「応神天皇陵古墳ろ号陪冢(ばいちょう)」として宮内庁の管理となっている。

    詳細を見る

  • Hakayama Kofun

    墓山古墳

    5世紀前半に築かれた墳丘長225mの大型前方後円墳。後円部の中心には、竪穴式石槨があり、その中に「王者の棺」と言われる長持形石棺が納められているといわれている。また、陪塚のひとつである向墓山古墳には、見学通路や文化財展示室を整備。

    詳細を見る

  • Mukohakayama Kofun

    向墓山古墳

    墓山古墳の陪塚であり、見学通路や文化財展示室が整備されている。

    詳細を見る

  • Nishiumazuka Kofun

    西馬塚古墳

    応神陵は号陪塚

    詳細を見る

  • Minegazuka Kofun

    峯ヶ塚古墳

    古市古墳群の中で、墳丘内部が発掘調査されている数少ない前方後円墳。5世紀末〜6世紀初頭にかけて築造され、二重の周濠を有している。現在までの調査により、金銅や銀で飾られた豪華な飾り金具や立派な太刀、武具や馬具といった、総数3500点以上の副葬品が見つかっている。

    詳細を見る

  • Hakuchoryo Kofun

    白鳥陵古墳

    前の山古墳とも呼ばれ、墳丘長200mの5世紀後半の大型前方後円墳。建造当初は周濠外側には堤が巡り、さらにその外側には堤を取り巻くように周濠が存在していた。古墳のすぐ外側を走る竹内街道からは、幅広の周濠と雄大な墳丘を間近に眺めることができる。

    詳細を見る

  • Hachibuseyamanishimine Kofun

    鉢伏山西峰古墳

    市域東方に位置する鉢伏山から西に大きく伸びる尾根上に立地。飛鳥時代に築かれた古墳で、精美な切石で造られた横口式石槨を埋葬施設としている。西方の眼下には羽曳野市域が広がり、市街の中に点在する応神天皇古墳をはじめとする巨大古墳群を一望することもできる。

    詳細を見る

  • Yuryaku-tenno-ryo Kofun

    雄略天皇陵古墳

    雄略天皇は5世紀後半の大王で、当時の中国王朝へ称号を求めるために遣いを送った倭の五王の一人、「武」として知られている。

    詳細を見る

  • Kannonzuka Kofun

    観音塚古墳

    かつてはぶどう畑だったが、昭和56年(1981)に国の史跡に指定され、横口石槨内を見ることができる。約12mの円墳か方墳で、高さは約2.5m。北および西側には周濠と考えられる凹地がある。石槨の構造などから7世紀中頃に築かれたと考えられる重要な古墳の一つ。

    詳細を見る

  • Seinei-tenno-ryo Kofun

    清寧天皇陵古墳

    古市古墳群の南西部に築かれた前方後円墳。墳丘長115m、後円部直径63m、前方部幅128mを測り、前方部幅が後円部直径の2倍に達しており、前方後円墳としてはもっとも前方部が発達した形態で、墳形の最終段階を示すものと考えられている。

    詳細を見る

  • ガイドブックダウンロード
  • モデルコース
  • イベントカレンダー
  • 羽曳野へのアクセス
ロケ地マップ